FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は血液内科の外来受診日でした。。。
早い時間の予約ではないのにもかかわらず、
駐車場がいっぱいだったので、嫌~な予感.....

午前中の患者さんは一段落しているだろうと思っていたのに
院内へ入ると…… 多い。。。
しかも、具合悪そうな患者さんが数人いて、「休みましょうか?」
とか、看護師さんに声をかけられたりしていました。

─── 抗癌剤の治療中なのかなぁ~、とか思っていたら、
    前に良く見かけていた男性患者さんが……
    良くなったから見かけなくなったのかと思ったら、
    まだ、悪かったんだ~。

    ……ちょっと複雑な感じ。。。

辛そうにしている人を見るのは、嫌なものです。


待っている間、持参していた「永遠の仏陀」の本を読んでいました。
これは、語り口調で書かれていて、字が大きいので、眼鏡をかけなくても
直に読めて助かります。。。
読みながら、こころのお掃除をしてもらっているような感じです。
病院は、こころの面でも健康的ではないところなので、
気をつけないと…… 。。。



検査結果は、特に異常はなく、
目と口と足の症状ぐらいのものなので、
次回は2ヶ月後という事になりました。
これは、嬉しいことではあるのですが、
薬代が2ヶ月分…… 予定外のことだったので、
思わず、「うわぁ~、薬代、2ヶ月分か~」とわたし。

「でも、病気になったのが、君じゃなくて
 ご主人だったらもっと大変だったんじゃない。
 ご主人が病気になるより、良かったんじゃない。」 

「男の人が病気になって、お金がないから薬代がないって言う人が
 結構いるんだよ。」

「nagiさんは、ご主人にいっぱい働いてもらって……(笑)」と、ドクター。

「私が入院しているときにも、会社の人が来て、
 辞めて欲しいと言われていた男の人がいたから分かる。」 と私。


病気になったのが夫でなくて良かったというのは心から思っていることです。
働き盛りの一家の大黒柱が病気になることぐらい大変な事はないからです。

前にも書いたかも知れませんが、
新聞の投書欄で、子どもの治療費を無料にして欲しいというのを読んだ時、
ちょっと憤りを感じました。子どもが一人風邪をひくと兄弟にもうつり、
治療費が大変だと書かれていたのですが……

子どもには働き手である親がいるではないかと思うのです。
風邪で医者にかかったとして、兄弟の治療費を合算しても何万もするわけでは
ないでしょうし…… もちろん、入院の場合は別ですが。
それより、もっと深刻なのが、
働き盛りの人が長期療養とかになった場合です。
35~50才ぐらいの人は、丁度子どもの教育費もかかる時。
そんな時に入退院を繰り返さなければならない状態になったりしたら……。
大人しく病院のベッドで治療を受けたりしている心境にはなれないでしょう。
── 実際に病棟では、そういう男性がいましたから。

お金がないから薬代がないと言われたら、
ドクターもどうしようもないし、辛いでしょうね、きっと。。。










これまで何度か二ヶ月後の外来になった事はあるのですが、
拒否反応が出て直ぐに1ヵ月後に変更になっていました。
どうしてなんだろうと考えて……
多分、自分の潜在意識の中に1ヵ月毎に診てもらった方が
安心だという思いがあるのではないかと……。
それで、今度二ヶ月毎になった時には
不安な気持ちは一切持たないことにしようと決めていたのです。

健康が一番なのですから。。。
病院とは縁遠い人にならなくては(^_-)-☆

スポンサーサイト
2010.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nagijm.blog67.fc2.com/tb.php/296-f17a6926

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。