上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
手術前検査を受けるために医大へ行った帰りのこと。

Doctorから手術についての説明を聞き、
なんか、自分で思うより大変なことかも…と、
不安感や戸惑った気持ちを持ちながら車を運転し、色々と用事を済ませ、
最後に寄ったパン屋さん。

手にしたトレーにパンをのせ、さらに
奥の陳列棚へ進みパンを眺めていたら
ある曲のイントロが聞こえてきました。

佐野元春さんの「約束の橋」

まるであの時と同じシチュエーション。

以前、白血病で明日から入院ということになった時…。
病名ははっきり告げられませんでしたが、
「血液の病気、珍しい病気、10万人に3,4人…」など
Doctorから言われた単語を思いながら
自分に起きていること、明日から起きようとしていることに
悲しさと不安でいっぱいになりながら、
入院に必要なものを買うために店舗に立ち寄りました。
タオル、下着…と色々と選びながら、自然と涙目になってきます。

そんな時突然、佐野元春さんの曲が聞こえてきました。
当時、彼の音楽をよく聞いていたのです。

当時の彼は曲がヒットしていたわけではなかったので
彼の音楽がBGMとして、流れるということは
そうあるわけではありませんでした。

こんな事があるのかしら?
こんな偶然… まるで不安でいっぱいの私を励ましてくれているみたいだと
そう思えてなりませんでした。


そう…

まるで あの時と同じシチュエーション…なのです。

それも私が立っていた右斜めの棚に置かれているコンポから聞こえてきていました。

こんな偶然… あるのかしら…

と不思議に思え、あの時と同じように
励まされているように思えました。

これは、彼が励ましているというのではなく、
目に見えない私を守って下さっている方々が
彼の音楽を使うことによって、
励ましてくれているのだと思います。

他人がきいて 「な~んだ」 と思えるようなことかもしれませんが、
私にとっては、嬉しい偶然です。
なんでもないただの偶然であったとしても、
それを必然なる偶然だと思えれば
そこに 
「ありがとうございます」という感謝の気持ちを持つことができます。
そのことが大事なことであるのだと思います。

偶然は必然。
励ましてくださった方々、ありがとうございます。











スポンサーサイト
2014.05.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。