上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今朝、見た夢……

なぜか間寛平さんが出てきました。

そして、

「一瞬、一瞬を緊張感を持って大事に生きている。」

っていう、メッセージを感じ取りました。

その直後に、初めてチャッピーが夢に現れました。

ただ、姿だけでしたが……。

分かっているのです。

何かをやる意欲とかそういうものが、悲しみという蓋で塞がれてしまって

出せなくなっているので、そんなことでは駄目ですよ!

というメッセージだということを。



さぁ、さぁ、そろそろ

少しずつ、外へ出て行くかな……

日常は変わらず、私の中にあって、続いているのだから。。。
スポンサーサイト
2010.11.24 / Top↑
今月の13日の夜
可愛がっていた室内犬(シーズー)が亡くなった。

あと2週間もすれば、13歳になるところだったのに……。

悲しすぎて、
今もこうしてあのこの事を思い出しながら書いていたら、
涙が込み上げてきた……。

可愛がっていたペットを亡くし、
悲しみからなかなか立ち上がれずにいるという話をきいた事はあったけれど
その時は、( へぇ~、そんなに悲しいものなの? )という感想でしかなかった……。

亡くなった父親には申し訳ないけれど、
父を亡くした時の悲しみよりも
愛犬のチャッピーを亡くした時の方が悲しみが深い。
父とは、一緒に住んでいなかったから、葬儀後、喪失感はあっても深くはなかった。
居ないという悲しみから目をそらす事が出来た。
けれどもチャッピーは、
絶えず私の傍にいたから、
頭では亡くなったんだ、と分かっていても、
心があのこの死を受け止められずにいる。
いつも居るところに居ないのが、私には理解できない。
居ないのは、わかっているのに、
あのこを求めて、部屋の中で名前を呼んでしまう。

どうしていないのだろう?
会いたい、チャッピー。

本当に性質の良いこだった。
最後まで健気な子だった。
息を引き取る少し前まで、
凛として座っていた。
本当はあの時、すごくきつかったはずなのに……。

気になりながらも、座っているから大丈夫かな?と
夕食の準備があって、傍に付いていてやれなかったことが悔やまれる。
あの時、あのこは何を思っていたのだろう?
その後、ふと気付くと私の足元に来て、じっと正面を見つめて座っていた。
台所は寒いからと抱き上げてストーブの傍に連れて行った。
私は、その後、どうしただろう?
しばらく声をかけていた事は記憶しているのだけど……。
大好きな林檎を切ってあげても食べなかった。
── もうきつかったんだね。

ひとりで頑張らなくても、
もっと甘えてくれたらよかったのに。
健気過ぎて、心が痛い。







2010.11.22 / Top↑
今日は、眼科を受診。

病院の近くにある種苗屋さんに
受診後寄って花の苗を買おうと
ずっと一人計画していたのだけど、

待ち時間もそれほどではなく、
思ったよりすんなりだったのに
何故かもの凄い疲労感。。。
体がぐったりな感じ

こんなに疲労感が強くては
苗を買っても庭仕事できないと思ったので、
スタバでサンドイッチとシナモンロールを買って
帰宅する事にしました。


スーパーで食材を仕入れ、
薬局で処方された薬を買って真っ直ぐ帰宅しただけなのに
体が……ぐったりな感じ。。。
医大って、
あんまり磁場が良くないのでしょうか?




11月に入ったのに……
庭の手入れが気になりながらも
手を出せずにいます。

来年の春のことを思うと……
やらないわけにはいかないし……
趣味は一つ……な方が
すんなり取り組めていいのかも知れませんね。



2010.11.13 / Top↑
尖閣諸島のビデオ問題───

SENGOKU氏は、
犯人を捜す!と躍起になっていたけれど……

海保の方だろうなぁ~という感じはしたので、
もし、判ったならば、動機は何だったのか?とかを話されたら、
自分の首を絞めることになるんじゃないの?!と。






何故頑なにビデオを公開しなかったのか?

中国の新聞のトップに
日本の船が故意にぶつかってきたのだと主張し、
絵で表していたのを見たとき、
ひょっとして、SENGOKU氏は
この中国の主張を擁護するため?……だったのだろうか?

極左と言われ、
頭の中は真っ赤かといわれてはいたけれど
何?この人、
いったいどこの国の官房長官なの?!

答弁もめちゃくちゃ!
会見も、昔の悪代官そのもの(怒)!
この人の発言を聞いていると
まるで何だか日本が中国になってきているようにさえ感じる。

記者の質問にも横暴な答え方をしているのだけど
本人は気付いているのだろうか?
みんな、もうとっくに真実に気が付いているから
彼が語るその横暴なもの言いが
滑稽にさえ感じ始めていることを……。

彼の語るその言葉、
彼の威圧的なその態度、
愚か過ぎて、笑いたくなる。
怒りを通り越して、
呆れ果ててしまう感じだ。。。





2010.11.12 / Top↑

一人でも多くの日本人に 
現在(いま)日本が国難にあるという事実を知って欲しい!
近未来、こうなるかも知れないという危機に気付いて欲しい!

今回の沖縄の県知事選挙は
日本の行く末がかかっているように感じられる。

沖縄の県民の方々、
決して選択を間違えないように。。。

そして、
日本人の方々にも
心を素直にして
真実を見極める目を持ってもらいたい。
……感じてもらいたい。




以下 ↓ ハピネスレターより転載



皆さま、こんにちわ!
ハピネスレター編集部より、お知らせです!
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
YouTubeに動画「中国が尖閣・沖縄を侵略する日」がアップされました!

http://www.youtube.com/user/hrpchannel#p/u/0/xYotoai_iLM


尖閣事件は単なる始まりにすぎません。

これまで一貫して、領土拡大政策を取り続けてきた中国は、
台湾の統一と尖閣・沖縄の実効支配を狙っています。

昨日2日、中国外務省報道官は、
日米安保条約の適用範囲に尖閣諸島を含めるのは
「完全な誤りだ」「魚釣島(尖閣諸島)は中国の領土であり、
それをめぐる中国と日本の争いは2国間だけの問題だ」
と強烈に批判し、日米同盟を牽制しています。

沖縄県知事選は「普天間基地移設問題」が問われ、
「日米同盟堅持」か、「日米同盟破棄」かの発火点となる選挙です。

もし、日米同盟に亀裂が生じ、在日米軍が撤退したら、
中国は即時に沖縄だけでなく、日本そのものを占領し、属国化するでしょう。

私たち幸福実現党は、この想定のもとに仮想ドラマを作りました。

本格的CGもふんだんに使ったドラマ形式で、
恐いぐらいにリアルに映像化されました!
出演は沖縄本部青年部の皆様です。
主演の青年はARASHIの松潤ソックリです!!

歴史的映像も織りまぜながら、
民族浄化等、中国の植民地支配の実態も明らかになります!

過激な表現もありますが、このビデオを通じて、
尖閣事件の深層に流れる中国の侵略の実態が 一人でも多くの方に伝わり、
日本が直面している国難の実態が少しでも伝われば幸いです。

約7分の動画です。
ぜひ、知人、友人、沖縄の皆様にも本動画をご紹介頂ければ幸いです!

☆゜・*:.。. .。.:*・゜

◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。

◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp
◎ハピレタWebサイト http://happinessletter.blog111.fc2.com/
◎購読申込(携帯用) http://mobile.mag2.com/mm/0001054021.html
◎ご意見・お問い合わせ happinessletter77@yahoo.co.jp
2010.11.03 / Top↑
日曜日
「龍馬伝」を見ていて……

龍馬がイギリス人に熱弁奮っているシーン───

今の時代に
もし、龍馬がいたら……そう思った。


いるはずなんだ、きっと!
彼ではなくても、
彼の様に 天命を感じている人が……
今は、そういう時代なのだから。


そして、
はっとした。

今回の尖閣諸島の問題は
もしかしたら、
天が起こした事なのかも知れない……と。


今回の事で
平和ボケしてしまっていた多くの日本人に
中国という国の不気味さを
気づかせる事が出来たのだから。

今なら
まだ間に合う……かも……いや、間に合って欲しい。

昨年、
幸福実現党が立党したのも
民主党政権の危うさと
中国が
日本を植民地化しようとしているという
この国難を何とかしなければと
ただその一心だったのに……


多くの人が
日本が中国の植民地になるなんて
そんなことあるわけないだろう?!と
まるで聞き耳持たず
一宗教のたわごとみたいに思っていたはず。

民主党政権のことにしても、
マスコミは
鳩山さんは良い人と繰り返し言い、
庇いに庇っていた……
おばかと思えるような平和主義者や
日本人でありながら
心はまるで中国人であるかのような
不思議なコメンテーターの人たち。

そろそろ、こういう人たちの言う事は
信用できないぞ!
と、気付いてもいいのでは……。

昨年から
幸福の科学が言って来たことは
たわごとではないようだ!
と、気付くべき時に来ているのではないのか!

その為の尖閣諸島問題なのかも知れない。
とすると、
沖縄知事選に出馬している
金城さんは
さながら現代の龍馬?……ということなのだろうか?
などと、「龍馬伝」を見ながら思った。

どちらにしても
今回の尖閣諸島問題で
民主党政権の国のリーダーとしての無能さを
国民は知った。

このまま
民主党政権が続いたとしたら、
日本にとって、
国民にとって、
いったいどういう未来になるのか本気で考えて欲しい。

中国は、
日本を植民地化しようとしているという
この事実にしっかりと目を向けて欲しい。
そして、
私たちの子ども達の未来のために

まずは、
民主党政権にたいして、
「NO!!」
と声をあげて欲しい。

日本がいついつまでも
平和な国でありますように
愛に満たされた豊かな国でありますように
言論と思想の自由な国でありますように

私たちの子どもたちは
その国で幸せに暮らしていけますように
母として
切に切にそう願います(-人-)











2010.11.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。