上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、うちのわんちゃんをシャンプーしてあげました。

シャワーでお湯をかけてあげると
とても気持ちよさそうにしています。

体を洗っている時に
足の爪が一本伸びている事に気付きました。

そこで、

シャンプー後に足の爪を切ってあげることにしたのですが……

「あっ!!」

白い爪だったのにも関わらず、
(黒い爪もあって、黒い爪だと血管が見えなくて切るのに勇気がいるのです)
爪先から血が……

「ごめ~ん!!ごめんね~!!」と両手で愛犬の顔を包みながら
何度も何度も謝りました。
胸にキューンとくる痛みを感じました。
本当になんて事をしてしまったんでしょう


夕方、散歩に行く時に、
爪にばい菌が入ったら大変だと思って、
実は…… 前にも1度同じ事があって……・・・
その時に作った足カバーを足に被せて散歩へ行く事にしました。

───

散歩を終え、玄関の門扉に辿り着いたところで
高齢のために最近すっかり足が弱った我が愛犬に
「足、大丈夫だった?」 と声をかけて足をよ~く見ると
爪先から血が…… 
一瞬、何が起きたのか分からなくて……

「ごめ~ん!!ごめんね~!!」
と 再度何度も何度も謝りました。

足を間違えていたんです。(本当にばか者です)
足カバーを被せていたのは、
何ともない足の方…………。。。
本当に自分の馬鹿さ加減に呆れました
申し訳なくて、申し訳なくて……。
慌てて抱き上げて家へ入り、爪先を洗って消毒してあげましたが、
本当に可哀相なことをしてしまいました。

散歩の途中でお隣さんに出会い、
足カバーを見て、「足、どうしたの?」と訊かれ
深爪して、血が出てしまった事を言うと、
「まぁ、可愛そうに、それは悪いわぁ。」と何度も言われてしまいました。

─── 分かっているんです(ρ_;)グスン.......
  
本当に心痛めています。
深く反省しています。
    



スポンサーサイト
2010.07.07 / Top↑
今週は、ガーデニングに励んで過ごした1週間でした。

実は、先月外来診察日前日に
日中庭に出て紫外線を浴びてしまったために
顔の目尻と眉尻から髪の生え際のあたりまでが赤くなってしまって……。

ドクターから 「紫外線を浴びたらダメだよ!」
「紫外線が刺激になって、拒否反応がひどくなることがあるんだから。
紫外線浴びたらダメだって、言ってあっただろ!?」と
軽く叱られたような感じで言われていたのです。
確かに、ダメだとは言われていたけれど、
最近は言われていなかったらもう大丈夫かなぁ~と...(^_^;)思っていたのですが.....
駄目だったようです。。。

それが

庭への入り口のところに植えたピエール・ド・ロンサールのバラのシュートが
私の予想を超えて延びてくれたので、
アーチを用意する必要にかられててしまって……。。。

ところが、

トレリスを使って庭の入り口を作ったのですが、
その幅が計ってみたら、1メートル。
注文したアーチの幅は120センチ。

ガーデン アーチ
( 周囲の家を消していますので、ちょっと汚くなりましたが……。)

白いトレリスの右側の方を約20cm外側にずらしました。
トレリスの前に植えているゴールドクレストも同じ様にずらして……
これが、大変で…… 私の力では深く掘ることが出来なくて
根を切ってしまったので …… どうかこの場所で根付いてねと毎日心で語りかけています。

ガーデン アーチ2
上のトレリスとゴールドクレストを移動させました。

夫にアーチを取り付けてもらいたい事は言ってあったのですが、
移動させることまでさせたら申し訳ないかなぁ~と思って、
先にやったのですが…… 大変でした。
途中、2度体がもたなくなって、家へ上がりこんで休憩……。

二回目の時は、もう本当に駄目だと思ったほど……ヤバカッタ....。
後、樹に水をやったら終わり、というところで、どうにも立っていられなくなって
慌てて家へ上がりこむ事に。。。

でも、その甲斐あって、
今日、アーチを取り付けてもらう事ができました♪ヘ(^-^ヘ)(ノ^-^)ノ♪

ただね~

B型の夫は、細かい事にはこだわらないので、
「はい、これでいいな。」で、終わり。。。ミタイナ……感じなので、…… 
(アーチが錆ないようにと、錆止めを丁寧に塗ってはくれましたが……)

ポンと置いて終わった感じなので、
....これから、曇りの日に少しずつ手を加えていかなければ……♪と思っています。




下の写真は、これからここにトレリスを使って、入り口を作ろう。
入り口の前に ゴールドクレストを両脇に植えて……と
トレリスを置く基礎になるブロックを置いて位置を確かめ
イメージを膨らませながら、樹を置いているところです。

以前の庭 

─── 何にもなかったんですね。

体が落ち着いてきたので、
これから少しずつ庭造りに取り組んでいこうと
やりはじめた時期でした。

懐かしい。
これを見たら、(私の体の状態にしては) よく頑張ったなぁ~と思います。





2010.07.04 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。