上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨夜から、明日はどこかへ行こうかなぁ~と考えていて……。
色々思い巡らし、宇佐まで行くことにしました。

出かけて、5,6分車を走らせたところで、信号待ちをする間、
ガムを取り出して、噛み始め…… さぁ、青になったのでと
アクセル踏んで 一分も経たないうちに 歯に被せていた物が
取れてしまいました─── 何故に今
慌てて、近くの駐車場に停めて、このまま行くか、
この先のかかりつけの歯科に行くか、鏡で歯を確認しながら悩んだ末、
歯科に行くことにしました。
─── 無念です。

歯は、以前に治療して貰った時から、もって一年ぐらいかなぁ~と
言われていたので、悪くなっているのは知りつつも、
入れ歯なんて嫌だし…… と思って、延ばし延ばしにしていました。

胃カメラする時に、必ず、「入れ歯はありますか?」 と聞かれるので、
まだ、この歳だし、「いいえ!」 と言える自分でありたいし……と
はかない女心みたいなものがあって。。。

今日、先生からは、インプラントをここに一本すれば何でも無い事なんだけど、
と言われましたが、免疫抑制剤服用しているので、インプラント治療は
無理があるのではないかと……。
それに、インプラントは、一生ものではなくて、もって10年ぐらいらしいし、
保険きかないからお高いし……。
まぁ、この辺の事は、前に色々下調べをしていたので、
今日歯科医に直接聞いた訳ではありませんが。。。

来週、多分抜いてしまうことになりそうです。
今日、ガムを噛んで、こういう事にでもならなかったら、
もっと、良くない結果になっていたみたいなので、
まぁ、こうなって、残念ではあるのですが、
良かったのだろうと…… そう思うことにしました。



今週は、血液内科の外来に行って、来月肩のMRIを撮る事に
したのですが…… また医療費がかかるなぁ~と思うと ε-(_- ) フッ
心は、とっても元気なのですが。。。

白血病治療の抗がん剤の副作用のダメージと
骨髄移植時の治療の副作用と拒否反応とが
体に悪さをしているのだろうなぁ~、きっと。。。


でも、命があるだけでも有難いことだし。。。
生きていられることに 本当に感謝だし。。。
せっかく、生かさせていただいているのだから、
もう、無理はせずに、私のこれからの人生は、
お返しの人生なんだと思って、難しい事考えずに生きていこう。。。

本当は、この事を病院のベッドの上で考えていて、
退院したら、これからは家族の為、人の為に生きていこうと
そう思っていたのに……。
それが、実際に退院して 当たり前の様に日常を過ごしていると 
どうしても欲というものが出てきてしまって……。

「私」っていう意識が出てきてしまうと どうも良くないみたいで……。
無理をしてしまって、結局仕事を始める前よりも 体を悪くしてしまいました。

なので、

自分のからだは、もう甘やかして労わって大事にしていこうと思います。


ん?

歯が悪いという話から
何か人生観みたいなことを語ってしまっていません、わたし


スポンサーサイト
2009.10.29 / Top↑
ボランティアの研修に行く、その車中で聞いていたFMラジオから
偶然にも流れてきた「仏陀再誕」の主題歌。

     ♪…… さよなら仏陀、そう呟いてから 2500年……♪

初めて聞いたわけではないのに、車の中という狭い個室だったためなのか、
優しい声で歌うなぁ~と思いながら 聞いていて
その言葉を耳にした途端…… 
急に胸の奥が熱くなって、心が泣いているように感じました。

─── 何なのだろう? これって……。


さっき、他の人のブログを見ていて、
「仏陀再誕」の公式サイトに 今回脚本を書いた大川隆法総裁の息子さんの
インタビューが掲載されているというので、見てみたら、びっくり!!
カッコ良くない?
いったい…… どなたに……
いやぁ~、予想していなかったというか、
先生の若い時のイメージが強かったので、
ビックリ( 失礼(-人-;)ゴメンナサイ )してしまいました。

「仏陀再誕」 脚本 大川宏洋氏 インタビュー

 ↑ のサイトでご覧下さい。
   かなりのイケメンです。



それにしても……

アニメのラストの仏陀の説法シーン ……
もう一度観たいなぁ~。。。

アニメなのに、画面いっぱいにアップされて、仏陀が語るので、
まるで、現実に言われているような錯覚に陥ってしまます。
心の中で、思わず合掌していました。
すごいシーンでした。



2009.10.28 / Top↑
今日は、仏陀再誕の映画を観に行ってきましたと
その感想などを書いて 書いたものを読み直して、
ちょっと手直ししていたら……

突然、記事が飛びまして……
消えましたΣ(|||▽||| )

いつもなら、消えたようにあっても、下書きで保存できたりするのですが、
今回は、最初の3行ぐらいしか 残っていなくて、
再度書く気力も 萎えました (ρ_;)

でも、せっかくアップしようとしていたので、
記事が消えたというショックだけ……残しておきます
─── チカレマシタ 。。。
2009.10.23 / Top↑
ずっと前から、遊びに行こう♪ と言いながら、なかなか予定が合わなくて、
ようやく お出かけ実行となりました。
どこにする? と言う事で、出かけた先は、「 くじゅう花公園 」
公園内に、地元の野菜を使ったバイキングが出来たというので、
そこでお食事をしましょう!ということだったのですが、
なんと、その日に限って、厨房の故障で修理の為に本日に限り休業 ・・・(゚_゚i)タラー・・・
何で、この日なん!!と 友達とがっかり。。。

── だったら、入り口にそう書いといて欲しいですよね!........と友。

ランチの時間とかあるので、入り口でそうと分かっていればと
先に食事を済ませて入ったのに……と ちょっと困ったのです。

 ↓ は入って直ぐ、サルビアの花畑。。。

   花公園サルビア

もう終わりがけなので、手前の花を見ると 枯れかかっているのが分かりますね。
それでも、花の群生は見事でした。



↓ ベンチを囲んだ感じが素敵だったので。。。
  ベンチの上の両脇にかけている鉢植えがいい味だしている……イイナァ。。。

ガーデン 652

↓ 水がめを囲んだ古びた感じが…… 好き

ガーデン 653

↓ 水がめアップ……水が出ています。

ガーデン 654

コスモス畑とか ぐる~っと園内一通り見て、青い空を眺めながら( 紫外線にヒヤヒヤでしたが )
パンサンドやジェラート食べて、楽しいおしゃべりをして いい時間を過ごし、
ハイでは そろそろ次、ケーキ行きましょう♪
ということで、シェ・タニ へ 

      ケーキ8.20.2
      ケーキ8.20.1

ここは、店内山側がガラス張りなので、見晴らしは素敵です。
ただ、私たちが行ったときは、陽射しが熱くって。。。
途中で、席を替わって、見晴らしをバックにして、話してました。

↓の写真は、阿蘇の連山 …… 釈迦の涅槃像を現しているといわれています。
写真に撮ったら、ちょっと薄いですが、遠くに横たわるように見える山の姿、
分かるでしょうか?

涅槃像

ここで、別の車で来た友達とは、「次、どこにする? 」 と言って、お別れ(@^^)/~~~ 。。。

やっぱ、女友達と遊びに行くのがいいわ~@^^@
旦那とだったら、こうは楽しめない

…… というのが、みんなの共通した思いでした。。。

だって……他愛のないことで キャピキャピで楽しめるんだもん

2009.10.20 / Top↑
今、じっくり読んでいる本は、「真説・八正道」 大川隆法著。
正直な話、本から遠ざかっていたので、この本は 出版された時に読んで
その後、ここ十年ぐらいは、本棚に並べられたままになっていました。

先月 おもむろに本棚を眺めていて、手にしたのが、「仏陀の証明」。
やっぱ、八正道が大事なんだと思って、本棚を再度物色して、「釈迦の本心」
と共に並行して、この本を読み始めたら、奥が深すぎて面白い。

ずっと、人の心が分かる人になりたいという思いがあって……。
その人が何を考えているのか、真実は何なのか……。
そのヒントが「真説・八正道」の本の中にはぎっしりと 宝のように
埋まってあって……。
以前、読んだときは、頭で分かっていただけだったような気がします。

しばらくは、この本と向き合っていこうと思います。
…… この先ずっと、手放せない一冊です。





手帳にはさんでいて、時折目を通しているメモ書きがあります。

前 大分ゆふみ病院の院長で、現在はやまおか在宅クリニックの院長をされている
山岡憲夫氏の講演会の内容なのですが、心に響いたものを書きとめたものです。



☆ こころのケア(スピリチャルケア)とは、末期の患者さんが抱える苦しみや絶望の中から
患者さん自身が生きる意欲、生きる意味を見出させるようにするケアのこと。

徹底的に話を聴きます。

あなたを大切に思っていることを ひとつひとつの動作、ケアで表現します。

”自分は大切にされている”という実感を持って頂くことが
こころのケアの始まりです。
……
じっくり話を聴きます。
これを傾聴といいます。
傾聴とは、耳を傾けて心で聴くことです。
何度も何時間でも傾聴します。
よく傾聴すれば、患者さんの気持ちが、そして考えが落ち着きます。
すると 生きる意欲が生まれ始めます。

スピリチャルケア(こころのケア)は、同情ではないことです。
かわいそうにという同情心を強く出すと、それは相手に伝わり、
差別化に通じます。
ここでの傾聴は、同情ではなく、共感です。

私たちは、苦しんでいるあなた自身にはなれないけど、
あなたの理解者にはなれる、ということを大切にしています。
”苦しいときは いつでも来て、話を聴いてあげるから”
そんなケアが 大切です。

辛い状況でも 家族の強い愛情の確認は 人を幸せにし、
幸福な気持ちにさせます。
そして、それが、今を生きているという実感に繋がるのです。


”どれだけ沢山の事をしたかではなく、どれだけ心を込めたか”です。
       ~ マザー・テレサ ~

心を込めれば 深く通じ合います。

大切ないのちを息づかせながら 大事に今を生きています。

大切な人や、家族との温かい関係性が強くなると、
今という時間をとても大切にします。

いのちの尊さが本当に分かっている人は、
かけがえのない今を大切に生きています。

かけがえのない今を生きる事、
人間の生きる価値は 何をしたかでなく、どれだけ生きたかでなく、
どれだけ充実して生き抜いたかという、生きる姿勢で決まると思います。
いのちの尊さは その長さでなく、輝きだと思います。

苦しんでいる人々が居たら、
傍に行って、傾聴し、その人の理解者になってください。



そして、もう一枚のメモ書き。
昔のノートをめくっていて見つけた内容から……
以前、幸福の科学の支部へ行ったときに聞いた話を
箇条書きにメモっていたもの。
  ( あまりにも昔の事で 見つけるまで忘れていたけど......汗)

☆ 「抜苦与楽 (ばっくよらく)」…… 慈悲

相手の苦しみを和らいであげる。
苦しみの棘を抜いてあげる。
その人と同じ心になって、
苦しみ、悲しみを理解する。

苦しみを解ってあげたいという心。
相手の幸福を願う心。

相手の傷みを解ってあげられる人になる。
人の話を聞いてあげることが大切。
皆、それぞれ懸命に生きている。
認めてあげること。
心を割って、話せる人を求めている。






── だから、わたしは人の心がわかるようになりたい。
    悟りの深い人は、手に取るように相手の心がわかるように
    なるらしい。。。








2009.10.17 / Top↑
月一の外来診察が同じ週になってしまったので、
今週は まるで外来受診週間の様になってしまいました。

今日掛かったのは、眼科。
先月の中旬から 症状が酷かったのだけど、
何故か、すとっと昨晩から落ち着いた感じに 。。。

月曜日に外来に掛かって、火曜日にボランティアに出かけ、
かなり疲れてしまっていたので早く寝るつもりでいたのに ……
寝る前に…… 久々PC開いたばっかりに 気がつけば夜が明けそうな気配  ……
思ったより、ダメージを受けて 翌日はダウンしてました Σ(|||▽||| )

水・木の二日間を じっとして過ごしたのが功を奏したのか
今日診てもらったら Dr.は ちょっと安心した様子 
自分が診ている以上は 症状に関して 責任を感じるみたいです 。。。
「あ~、よかった~。」 と安心したり、 「う~ん……」と考え込んだり……
私はというと── そんなに深く受け留めなくってもいいのになぁ~、と思ったりしています。


悪くなるのも、すとっと悪くなるし、良くなるのも あれ?っていう感じで
気がつくと ちょっと落ち着いた感じになります。。。
どうも ストレスがかかると すとっ と悪くなるみたい。。。
血液内科のDr.も 眼科のDr.も 「季節の変わり目だからかなぁ~」 と
同じことを言ってました。。。
今は、目薬がなくては 生きてはいけない状態になっています。


台風の関係で 雨が酷くなって来ていたので、病院後、うろうろするのはやめて、
先ずは、愛犬の餌を買いに ホームワイドのペットショップへ。。。
そこで、ゲージに入っている子犬に近づいて、ガラス越しに一匹一匹ご挨拶。
可愛い♪…… 
人がいないから お腹丸出しで足を広げてぐっすり寝ている犬やら、
片手に乗りそうなほど小さいチワワやら…… 可愛い~ 

で、もう一つ、これは買って帰らなきゃ!と思っていたものを求めにコスモス薬局へ。。。

        納豆こんぶ 昆布のくらこん

「ごはん納豆こんぶ」
先日、ふと見つけて 買ってみました。
納豆にかけて ぐるぐる回して絡めて食べる食べ方が気に入っています。
昆布を一ミリ幅ぐらいに千切りしたものですが、
納豆に絡めると コリコリした食感があって、味も良くなるし、
何より健康的な食べ物なので…… 納豆だけで食べるのでは物足りなくなりました。
今日は これを3袋まとめて買ってきました。

2009.10.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。