上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
実を言うと、
先日南小国町へ遊びに行って、翌日日田から大分へ帰り。。。

そして、
翌日歯科へ行き、治療が終わって車に乗ると
あまりのお天気の良さに、思わず別府でもドライブしない?と
帰省している娘を誘って プチドライブへ。。。

ところが、特に目的もなく出かけたので、
結局、別府から湯布院へ行って、湯布院観光を楽しみ
庄内周りで大分へ帰ってきました。。。

…… この道は、昨日も通った道だよなぁ~と思いながら……(^_^;)

そんなこんなで、ついつい元気に出かけまくっていたら、

胃が痛くなってきたり、せっかく落ち着き始めた口の中の粘膜が
また赤くなってしまいました。
前の晩まで何ともなかったのに、一晩でストッと悪くなってしまいました。
不思議です。

多分、拒否反応で、粘膜がやられているのだろうなぁ~?
だから胃が痛くなっていたのだろうなぁ~と思いながら二ヶ月ぶりの外来へ。。。

胃が悪いんだったら、胃カメラしようか?と言われて、
「胃カメラは、この間しました!」と私。

え?いつしたっけ?───とドクターが調べてみると、2年前。
時期は……5月!

やっぱりこの時期だね。
季節の変わり目は良くないね。
とドクター。

拒否反応は、早めに手を打ってないと
戻らなくて、そのままになることもあるので
要注意なのだそうです。

ということで、
せっかく、2ヶ月に1度の診察になっていたのが、
また1ヵ月後の診察になってしまいました。

私の中のジンクス。
─── 2ヶ月に1度になった後は、また1ヵ月後に戻る。

今回こそは、負けないぞぉ~と思っていたのに、
しかもず~といい調子で、このままだと3ヵ月に1度になったりして……なんて
勝手に思っていたりしていたのにε-(_- ) フッ

やっぱりね~。
2ヶ月に1度になった後、いつも戻るのよね~。
と言ったのが、嘆きに聞こえたのか、

次に何ともなかったら、
直ぐ戻せばいいんだから……と言ってくれたドクター。

へぇ~、優しいとこあるじゃん!……なんて、思いました。

3月末から5月は、体調に要注意の時期です。






スポンサーサイト
2010.03.31 / Top↑
これで、今月の病院は、お終い...ε-(_- ) フ~ッ。。。

歯科通いがあったので、
今月はやけに「病院」の予定が入っていたなぁ~って感じでした。。。

今日、医大の階段を上がりながら、
( あれ? ここの階段の段差は低く設定されているんだ~) ってことに
初めて気付きました。

いつも階段を上がるときは、右足を上の段にのせたら、
その段に左足を乗せて……というように
痛みを出来るだけ感じない上がり方をします。
それが……
タッタッと階段を歩いても痛みを感じなかったので
改めて階段を眺めてみて、気づきました。
配慮されているんですねぇ。

でも、1階の外来のトイレは和式が多いんですよね。
退院して初めて外来へ行った時、
和式のトイレを何も考える事無く使って、
立ち上がろうとした時の、あの驚き……相当に焦りました。
普通の人なら、さっと立ち上がれるのでしょうが、
筋肉と関節がそれが出来る状態にはなかったんですね。
地面を手で支えにするのには不潔だし、冷汗ものだった記憶があります。
あれ以来、1階のトイレを使用する事はないので、
今はどうなっているかは、分かりませんが……。。。



それにしても、今日も患者さんが多かった~(゚_゚i)・・・
ドクターの配慮で、予約時間が遅いので、待ち時間30分ぐらいのものかなぁ~
と多寡をくくっていたのですが。。。

高齢社会なので、これから益々眼科の患者さんは、多くなるのでしょうね。


院内の暖房が効きすぎているようで、暖か過ぎるわ、乾燥してるわ、で。
インフルエンザウィルスは、乾燥していてはいけないのじゃないの?!
と、かなり気になりながらの会計待ちでした。

2010.01.29 / Top↑
今日は血液内科の外来受診日でした。。。
早い時間の予約ではないのにもかかわらず、
駐車場がいっぱいだったので、嫌~な予感.....

午前中の患者さんは一段落しているだろうと思っていたのに
院内へ入ると…… 多い。。。
しかも、具合悪そうな患者さんが数人いて、「休みましょうか?」
とか、看護師さんに声をかけられたりしていました。

─── 抗癌剤の治療中なのかなぁ~、とか思っていたら、
    前に良く見かけていた男性患者さんが……
    良くなったから見かけなくなったのかと思ったら、
    まだ、悪かったんだ~。

    ……ちょっと複雑な感じ。。。

辛そうにしている人を見るのは、嫌なものです。


待っている間、持参していた「永遠の仏陀」の本を読んでいました。
これは、語り口調で書かれていて、字が大きいので、眼鏡をかけなくても
直に読めて助かります。。。
読みながら、こころのお掃除をしてもらっているような感じです。
病院は、こころの面でも健康的ではないところなので、
気をつけないと…… 。。。



検査結果は、特に異常はなく、
目と口と足の症状ぐらいのものなので、
次回は2ヶ月後という事になりました。
これは、嬉しいことではあるのですが、
薬代が2ヶ月分…… 予定外のことだったので、
思わず、「うわぁ~、薬代、2ヶ月分か~」とわたし。

「でも、病気になったのが、君じゃなくて
 ご主人だったらもっと大変だったんじゃない。
 ご主人が病気になるより、良かったんじゃない。」 

「男の人が病気になって、お金がないから薬代がないって言う人が
 結構いるんだよ。」

「nagiさんは、ご主人にいっぱい働いてもらって……(笑)」と、ドクター。

「私が入院しているときにも、会社の人が来て、
 辞めて欲しいと言われていた男の人がいたから分かる。」 と私。


病気になったのが夫でなくて良かったというのは心から思っていることです。
働き盛りの一家の大黒柱が病気になることぐらい大変な事はないからです。

前にも書いたかも知れませんが、
新聞の投書欄で、子どもの治療費を無料にして欲しいというのを読んだ時、
ちょっと憤りを感じました。子どもが一人風邪をひくと兄弟にもうつり、
治療費が大変だと書かれていたのですが……

子どもには働き手である親がいるではないかと思うのです。
風邪で医者にかかったとして、兄弟の治療費を合算しても何万もするわけでは
ないでしょうし…… もちろん、入院の場合は別ですが。
それより、もっと深刻なのが、
働き盛りの人が長期療養とかになった場合です。
35~50才ぐらいの人は、丁度子どもの教育費もかかる時。
そんな時に入退院を繰り返さなければならない状態になったりしたら……。
大人しく病院のベッドで治療を受けたりしている心境にはなれないでしょう。
── 実際に病棟では、そういう男性がいましたから。

お金がないから薬代がないと言われたら、
ドクターもどうしようもないし、辛いでしょうね、きっと。。。










これまで何度か二ヶ月後の外来になった事はあるのですが、
拒否反応が出て直ぐに1ヵ月後に変更になっていました。
どうしてなんだろうと考えて……
多分、自分の潜在意識の中に1ヵ月毎に診てもらった方が
安心だという思いがあるのではないかと……。
それで、今度二ヶ月毎になった時には
不安な気持ちは一切持たないことにしようと決めていたのです。

健康が一番なのですから。。。
病院とは縁遠い人にならなくては(^_-)-☆

2010.01.26 / Top↑
昨夜から、明日はどこかへ行こうかなぁ~と考えていて……。
色々思い巡らし、宇佐まで行くことにしました。

出かけて、5,6分車を走らせたところで、信号待ちをする間、
ガムを取り出して、噛み始め…… さぁ、青になったのでと
アクセル踏んで 一分も経たないうちに 歯に被せていた物が
取れてしまいました─── 何故に今
慌てて、近くの駐車場に停めて、このまま行くか、
この先のかかりつけの歯科に行くか、鏡で歯を確認しながら悩んだ末、
歯科に行くことにしました。
─── 無念です。

歯は、以前に治療して貰った時から、もって一年ぐらいかなぁ~と
言われていたので、悪くなっているのは知りつつも、
入れ歯なんて嫌だし…… と思って、延ばし延ばしにしていました。

胃カメラする時に、必ず、「入れ歯はありますか?」 と聞かれるので、
まだ、この歳だし、「いいえ!」 と言える自分でありたいし……と
はかない女心みたいなものがあって。。。

今日、先生からは、インプラントをここに一本すれば何でも無い事なんだけど、
と言われましたが、免疫抑制剤服用しているので、インプラント治療は
無理があるのではないかと……。
それに、インプラントは、一生ものではなくて、もって10年ぐらいらしいし、
保険きかないからお高いし……。
まぁ、この辺の事は、前に色々下調べをしていたので、
今日歯科医に直接聞いた訳ではありませんが。。。

来週、多分抜いてしまうことになりそうです。
今日、ガムを噛んで、こういう事にでもならなかったら、
もっと、良くない結果になっていたみたいなので、
まぁ、こうなって、残念ではあるのですが、
良かったのだろうと…… そう思うことにしました。



今週は、血液内科の外来に行って、来月肩のMRIを撮る事に
したのですが…… また医療費がかかるなぁ~と思うと ε-(_- ) フッ
心は、とっても元気なのですが。。。

白血病治療の抗がん剤の副作用のダメージと
骨髄移植時の治療の副作用と拒否反応とが
体に悪さをしているのだろうなぁ~、きっと。。。


でも、命があるだけでも有難いことだし。。。
生きていられることに 本当に感謝だし。。。
せっかく、生かさせていただいているのだから、
もう、無理はせずに、私のこれからの人生は、
お返しの人生なんだと思って、難しい事考えずに生きていこう。。。

本当は、この事を病院のベッドの上で考えていて、
退院したら、これからは家族の為、人の為に生きていこうと
そう思っていたのに……。
それが、実際に退院して 当たり前の様に日常を過ごしていると 
どうしても欲というものが出てきてしまって……。

「私」っていう意識が出てきてしまうと どうも良くないみたいで……。
無理をしてしまって、結局仕事を始める前よりも 体を悪くしてしまいました。

なので、

自分のからだは、もう甘やかして労わって大事にしていこうと思います。


ん?

歯が悪いという話から
何か人生観みたいなことを語ってしまっていません、わたし


2009.10.29 / Top↑
月一の外来診察が同じ週になってしまったので、
今週は まるで外来受診週間の様になってしまいました。

今日掛かったのは、眼科。
先月の中旬から 症状が酷かったのだけど、
何故か、すとっと昨晩から落ち着いた感じに 。。。

月曜日に外来に掛かって、火曜日にボランティアに出かけ、
かなり疲れてしまっていたので早く寝るつもりでいたのに ……
寝る前に…… 久々PC開いたばっかりに 気がつけば夜が明けそうな気配  ……
思ったより、ダメージを受けて 翌日はダウンしてました Σ(|||▽||| )

水・木の二日間を じっとして過ごしたのが功を奏したのか
今日診てもらったら Dr.は ちょっと安心した様子 
自分が診ている以上は 症状に関して 責任を感じるみたいです 。。。
「あ~、よかった~。」 と安心したり、 「う~ん……」と考え込んだり……
私はというと── そんなに深く受け留めなくってもいいのになぁ~、と思ったりしています。


悪くなるのも、すとっと悪くなるし、良くなるのも あれ?っていう感じで
気がつくと ちょっと落ち着いた感じになります。。。
どうも ストレスがかかると すとっ と悪くなるみたい。。。
血液内科のDr.も 眼科のDr.も 「季節の変わり目だからかなぁ~」 と
同じことを言ってました。。。
今は、目薬がなくては 生きてはいけない状態になっています。


台風の関係で 雨が酷くなって来ていたので、病院後、うろうろするのはやめて、
先ずは、愛犬の餌を買いに ホームワイドのペットショップへ。。。
そこで、ゲージに入っている子犬に近づいて、ガラス越しに一匹一匹ご挨拶。
可愛い♪…… 
人がいないから お腹丸出しで足を広げてぐっすり寝ている犬やら、
片手に乗りそうなほど小さいチワワやら…… 可愛い~ 

で、もう一つ、これは買って帰らなきゃ!と思っていたものを求めにコスモス薬局へ。。。

        納豆こんぶ 昆布のくらこん

「ごはん納豆こんぶ」
先日、ふと見つけて 買ってみました。
納豆にかけて ぐるぐる回して絡めて食べる食べ方が気に入っています。
昆布を一ミリ幅ぐらいに千切りしたものですが、
納豆に絡めると コリコリした食感があって、味も良くなるし、
何より健康的な食べ物なので…… 納豆だけで食べるのでは物足りなくなりました。
今日は これを3袋まとめて買ってきました。

2009.10.02 / Top↑
月一の外来診察日。。。
先週が祭日だったために 今日の病院の待合室は人でいっぱい……でした。


診察の時に がん患者の会みたいな事が話題になりました。
乳がんの患者の会とかの場合だと、
助かる人の方が断然多くて、患者会も成り立つのだけれど、
白血病の場合は、助かる人もいるけれど それと同じくらいの割合で
亡くなる人もいるから、白血病単独で患者会をすると
先々が淋しい会になってくることもあって、単独はやりにくいのだそうです。

─── 何か分かる気もします。

先日、主人の会社の年配の方が、届け物を持って来て下さったのだけど、
その時に、帰ろうとして、思い出したように
「 奥さん、もう体はいいの? 」 と聞いてきました。

その方の妹さんも 私と同じ急性の白血病になって、
色々と検査して 分かった時には手遅れで亡くなったのだそうです。

「 ……死んだ、死んだって、生きている人にこんな事を言って悪いんだけど。」
と、申し訳なさそうに言うので、

「大丈夫ですよ。分かっていますから。」 と答えました。

助かる人もいるけれど、亡くなる人は少ないわけではありません。
今、私が生きていられるのは、奇跡みたいなものだと思っています。



私は、副作用がすごかったので、何度も危なかったらしいのだけど
中でも、最初の治療のときは、多分逝きかけていたのではないかと思います。
実は、不思議な事があったのです。

夫が病院に呼ばれたあの夜、
先生と夫は話をしながらを病室を出て行きました。
私以外は誰もいないその病室が 異常なまでにざわざわとしてうるさかったのです。
ドアから1メートルぐらい入った天井の少し下くらいの空間のところに
ハラハラしながら見守っている沢山の意識体があるのを感じました。
来ている! 私を助けに 目に見えないあちらの世界から
沢山の人たちが来てくれている ─── そう思いました。
本当に病室の中がざわざわとして騒々しかったのです。
来ていると思いながら意識が薄れていって、
うっすらと意識が戻った時には、夜中でした。
ベッドの傍らにうな垂れた様に椅子に座っている夫がいて、
病室の中は 先ほどとは違って、しーんと静まり返っていました。
多分、その間の数時間が あちらに逝くか こちらに留まるかの
一線だったのではないかと思います。

だから、私は助けていただいたのだと───
私が生きているのは 奇跡みたいなものだと 心からそう感じています。




ちょっと 話が飛躍してしまいましたが……
がん患者の会とかで体験談とか話すというより
骨髄移植をする人に話をすることの方が必要じゃないかなぁ~とDr.に言うと、
骨髄移植の方が希望が持てて、先が明るいからそういう会の方が
成り立ちやすいのだとDr.。。。
そういうことではなくて、私が思うのは、
これから移植をするという人は どんなにきつい治療になるのだろうかと
不安でいっぱいだろうと思うので、体験した人から話しを聞くことが出来たら
少しは安心できるのではないかと…… 私がそうだったので。。。

今書いていて気付きました。
がんの治療をする人も それと同じように不安を抱えているので
他のがん患者さんと触れ合って 話をすることで不安を和らげる事が出来たり、
お互いに励ましあったりする事で 治療に前向きに取り組んでいく事が
出来るようになるのではないかと。

お互いに励ましあったり、支えあったり出来るこういう会が
もっと活性化されて来たらいいですね。


2009.09.28 / Top↑
今日は、外来受診日でした。。。

昨夜、 アメリカドラマの「BONES」を見て、寝たためか
すご~く怖い、不気味で嫌~な夢を見て、4時ごろ目が覚めてしまいました。
そのためか、いざ起きる時間が来ても、ウダウダとしてしまって……
受診予約の時間通りに病院到着。。。

先生曰く、皆病院に来るの早いんだそうです。
予約時間は何時!って決まっていても、皆予定よりず~と早い時間に
来て、待っているのだそうです。
予約時間通りに来るのは、私ぐらいな者だそうで
でもね、早い時間に行くと、皆が待っているわけだから、
予定時間通りに行く方が、待ち時間が少なくて済むんですよね。




もう、もともとの病気は全然心配ないのだそうで……
問題なのは、移植後の拒否反応の症状。。。
紫外線とか、風邪をひくとか、そういった刺激から
症状を引き起こす事があるので
くれぐれも気をつけるように……と念押しされました。

今、インフルエンザがニュースで話題になっていますね。
2月末だっけ?夫経由でインフルエンザにかかって、
大変な思いをした時に Dr.に言われたのが、
「それは、旦那さんが悪い。旦那さんがかかった時点で
nagiさんは、抗インフルエンザ薬を飲まなくちゃいけなかった。」と。。。
そういうことは、先に言っておいて欲しいことではあるんですけど……
それだけ、他の人よりは免疫力ないし、やっぱ、弱いんですよね。

これから、GWなので、
いろんな人がいる中に入っていく機会が多いし……
気をつけましょう…… というより他ないですよねぇ~(((((((^_^;)

2009.04.27 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。